タマゴサミンの効果で本当に関節痛が改善するのか徹底調査!

タマゴサミンは、今までのグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなどでは満足出来ないという人のために、新成分であるiHAという成分を加えることにより、クッションになる成分の産生量を2倍にしました。そのことで、関節痛には本当に効果があるのでしょうか?調べてみました。

 

そもそも、人はなぜ関節痛になってしまうのでしょうか?その原因を考えてみたいと思います。

 

なぜ関節痛になるの?

 

関節痛の原因としては、主に3つ考えられます。変形性膝関節症、関節リウマチ、そして、運動のしすぎで関節痛になることもあります。症状としては、ひざやひじなどの痛みやこわばりなどです。関節痛があるということは共通しているのですが、対処方法は全く違いますので、注意が必要になります。

 

変形性膝関節症の場合は、関節の軟骨部分が加齢などでもろくなってしまったり、擦り減ってしまったりすることが原因で炎症を起こし、痛みなどが出るという病気です。もっとも痛みの出るのは全体重がかかってしまうひざが多くなっています。関節リウマチは自己免疫異常により、関節などに痛みが生じるという病気です。女性の発症率が高いと言われています。

 

そして今は昔に比べて、体操や運動をしている高齢者も増えてきていますね。でも、やはりやりすぎは禁物です。体のためと思っていても、結果的にかえって体を痛めてしまうこともありますので、注意しましょう。

 

関節痛に効果がある理由とは

 

ではなぜ、タマゴサミンは関節痛に効果があると言われているのでしょうか?今までの関節痛にいいと言われているサプリメントには、関節のクッション部分である軟骨の成分を配合することが重要だと考えられていました。それは、軟骨部分が減少してしまうことで、骨と骨がこすれあってしまい、痛みの原因になってしまうからです。そのため、軟骨を構成する成分のグルコサミン、コンドロイチンや軟骨のクッション性を高める成分のコラーゲンなどが配合されていました。

 

しかし、これらの成分だけでは軟骨のクッション性は十分ではないと考えらたため、タマゴサミンはiHAという新しい成分を加えることで、今まで以上に軟骨のクッション性を高めることに成功したというのです。クッション性で考えた場合、今までの成分の2倍の産生量になったと言われています。このことによって、痛みを軽減する効果があると考えられているのです。

 

まとめ

 

確かにひざなどに痛みがあるという場合、骨同士がこすれ合うことが原因だということはよく聞きます。そして、その痛みを取り除くには軟骨のクッションは重要であると思います。このタマゴサミンの場合、そのクッション性を高めるというところに着目しているところはとてもいいと思いました。